カテゴリー: 腰痛

腰痛で整体や骨盤矯正を考えた体験

私はずっと座りっぱなしの仕事をしています。ですので、腰痛は職業病みたいなもので、良く腰痛になります。過去に東京で腰痛の治療で整体に行ったりしていたのですが、根本的な解決にはならず、一時的に良くなってもまた繰り返していました。そこで、骨盤矯正をしたり、普段の生活に気をつけたらある程度よくなりました。特に血行を良くしようと思って軽い運動をしているのですが、それが効果があるのか、最近では腰痛になるのがぐっと減りました。やはり、普段からの運動はとても大切なんだということに気がつきました。

また、腰を痛めないように姿勢などに気をつけ、腰に負担がかかるような体勢はしないようにしています。仕事柄どうしても腰痛になりやすいので、プライベートでは出来るだけ座りっぱなしにならないように、適度に動いて運動をしています。

もし、腰痛に悩んでいる人は整体も取り入れながら適度な運動をしてみてくださいね。そして、腰痛を改善してみてください。

腰痛にならないため気を付けていること

私は若いころからデスクワークをしているためか、腰痛になりやすくなっています。今までぎっくり腰も何度もしたことがあり、東京の腰痛の名医にお世話になりました。数日間、布団から出られなかったという経験もしています。そのため、腰痛には日ごろから気を付けています。特に気を付けているのは、しゃがむ時です。洗面所で顔を洗う時などに、腰をかがめますが、この時、腰から折り曲げないように気をつけます。腰に負担がかからないように、ひざを折り、下半身を下に下げるようにしてしゃがみ、腰痛が起こるのを避けています。また寒い日は、血流が悪いためか、ちょっとしたことで腰が痛くなってしまいます。そのため仕事を始める前などに、血流が良くなるような体操をします。例えばエアロバイクに10分ほど乗って体を温めたり、通勤するときに、足を広げて大股歩きで歩いたり、あえて階段を一段ぬかしで上がります。血流が良くなると腰痛がでにくいと、経験的に感じています。寒い日ほど、腰に負担をかけない範囲で適度な運動や体操をしています。

腰痛を緩和できました私のオリジナル腰痛対策につきまして

私は、表参道のエステから職種を変更したことで非常に腰痛が職務上で発生する形となりました。私が希望していた職種は、運転系統の職種でありましたが、その職種を希望しまして、実際に毎日運転ばかりの生活になりました際に、運転について、今までは何も違和感を感じない形でありました。それは日々の仕事でしっかり身体を動かし、運動ができていると言う形で、体重もそこまでBMIが酷い状況ではありませんでした。しかし、一度車両運転の仕事を任せられるようになりますと、全く運動しなくなり、筋トレ等も一切しないことで、ブクブク体重が増えて、運転中に腰痛が発生すると言う形になりました。そこで私が対策として実施した内容が幸を成す形で、腰痛の緩和に繋がりました。その方法としましては、運動できない代わりに必ず職場の休憩時間と自宅での休憩時間を活用して、筋トレを実施することでした。特に足上げやプランク等が効果があり、かなり腰痛を緩和できることに繋がりました。スクワットも取り入れることによりまして、更に腰痛の軽減に繋がっております。

日々食べすぎない事も腰痛予防の対策に

なった人にしかわからないのも腰痛の辛さですが、予防として日々心掛けているひとつが食べすぎないことです。一見すると食べることと腰痛は、まったく関係がないように感じます。腰痛は腰に起きた問題であり、食事とは無縁のようですが、実は密接な関係があると実感したためです。子供なら親が食べる食品も量も注意してくれますが、大人になったら好きなものを好きなだけ食べても、誰も文句を言う人はいません。すべて自己責任のもとでの行為ではありますが、それが原因で腰痛を強く感じたことがあります。自分の稼いだお金で好きなものを食べられるのも、社会で働く大人の特権です。ですが、いくら嗜好品といっても、食べすぎては体重が増えてしまいます。チョコレートや菓子パンを食べすぎて、短期間で体重が増加したとき、これまでにない腰痛を感じました。逆に渋谷で二の腕痩せに取り組んでいたときには意識していたせいか体重もへり、腰痛が軽減しました。
整形外科での治療も整体の施術もむなしく、一向に腰痛は良くなりません。短期間に太ったのが原因かもしれないと、嗜好品の過度な摂取をためて、体重を元に戻すうちに腰痛が治まったことがあります。

私が腰痛における対策で実施した内容

私は、今現在の運転職種に代わってから腰痛が初めて現れる形でありました。それまでは、腰痛を伴うような場面は一切ありませんでした。表参道のエステに通う嫁は運動不足が原因と言っております。腰痛になり出してから思ったことは、何点か生活の上で原因があると痛感しました。一点目としましては、「運動量の激減」でありました。前職につきましては、腰痛にならない姿勢を維持できておりましたのと、一日二万歩歩いておりましたので、その歩行が身体の筋肉量を支えている形となりまして、全く痛くならなかったのです。そう言う考えも辞めてから知ることになったと言う状況でありました。生産管理者として忙しく歩き回る毎日を実現できましたのは、やはり受け持ちの工場が多いと言う事実でありました。受け持ち工場が多いために、歩き回る量が半端ではありませんでした。しかし、今現在の職業としましては、運転しかしませんので、非常に自分自身として辛い状況でありますので、運動量を増やす等して腰痛を改善して行きたいと思います。

女性が気をつけたい腰痛回避のポイント

腰痛は男女に関係なく悩んでいる人が多く、その原因は様々にあるようです。女性の場合の原因を見ると、腰痛回避できるポイントがいくつかあります。私の場合もそうなのですが、女性は座った際に足を組む方が多いようです。この姿勢を考えれば腰に負担が掛かりやすいことは一目瞭然で、特にいつも同じ方向で組んだいる方は、骨盤や腰の骨などに歪みが出てきます。そのような状態は、慢性的な腰痛の原因となります。また女性が履く、ヒールの高いパンプスも腰痛の原因になることがあります。腰に負担が掛かりやすい姿勢になり、痛みが出やすいでしょう。さらにショルダーバッグを持つことが多い女性は、背骨などの歪みが起きやすくなります。ショルダーを掛けている肩は落ちないように上げた状態になり、それに伴い腰の部分も歪んだ姿勢になりやすいでしょう。いつも同じ肩にかけていると、自然に歪んだ状態になっていきます。私は全ての状態が当てはまり、慢性的な腰痛を抱えていました。歪んでしまったものは、整体院を利用することで調整してもらえますが、同時にこれらの習慣も変えていく必要があります。特に女性特有の腰痛回避のポイントとして、気をつけていきましょう。

腰痛回避のために気を付けていること

デスクワークをしているため、腰を痛めがちです。無理をして仕事を頑張ると、すぐに腰痛を発症してしまいます。酷い時はぎっくり腰のような状態になり、まるで仕事ができなくなる事があります。このような状態を避けるために、私は「無理をしない」ということを心掛けています。例えば仕事が終わらない時に「残業をしたら完了する」という場合でも、翌日に回すようにしています。

もし残業してその日のうちに仕事が完了しても、腰痛を発症して、翌日以降動けなくなったらまるで意味がないためです。また「休憩を取る」ようにしています。基本的に1時間以上は連続して仕事をしないようにしています。1時間たったら、10分歩くようにするなどして、腰の負担を減らすようにしています。このように「無理をしない」「休憩を取る」ことに気を付けていると、ひどい腰痛になることはありません。またこのような仕事の仕方をするためには、計画的に仕事を進めて、納期ギリギリで頑張らなければいけないような状態にしないことが大切です。

骨盤の歪みを直すと肌もよくなった

仕事が忙しくなると、決まって肌がボロボロになっていました。そしてそんことは、仕方がないことだと思っていたのです。ところがその考えが変わることがありました。それは同僚が話してくれたことにより、もしかしたら私も肌が良くなるかもしれないと思ったのです。

その同僚が話をしてくれたのは、骨盤を矯正するということです。その同僚も肌荒れについて悩んでいて、整体で相談をしたようです。すると骨盤の歪みを指摘されて、その関係かもしれないと思い、改善させたということでした。

骨盤のゆがみがあると、肌との関係についてピンときませんね。どうか関係しているんだろうと思うのです。ところが大いに関係しているらしいです。それはなんといっても、骨盤を矯正することにより代謝が良くなるということでした。確かに肌の代謝が悪くなっているので、そのことが関係しているのかと思った事でした。

骨盤強制を行うことにして、少し歪みを改善させることができました。その後は、肌が良くなっています。